blog&Topics

2018年4月5日

岐阜市 耐震改修リフォーム完了

岐阜市のS様邸耐震改修リフォーム完成いたしました。

耐震改修については岐阜市の耐震改修補助事業の認可を受けて行いました。

この事業工務店側としては設計監理に大変時間を使いますので大変でしたが、

お客様にとっては補助金もいただけますが、それよりも行政機関からの第三者的な方向から

耐震補強しますので信頼性が高くていいですね。

内容ですが和室廻りの柱はリフォームですが真壁で美しい柱が見ることができます。

変えられない通し柱にも大工的一工夫入れまして見た目新品の6寸くらいの柱に!

又今回新作のモザイク壁も取り入れました。名付けてモザイクYOROI WALLですかね。

伝統鎧壁を内装に生かしてみました。

1階と外部の工事でしたが、新築同様に快適に暮らせると思います。

2018年4月1日

矢作神社修復工事

寒さも和らぎ春の祭りの季節がやってきました。

今回の工事も祭りまでに間に合わせることができました。

土台取替から屋根の伏せ替えまできっちりこなせました。

地域の氏神の祝詞殿として時代を担ってくれると思います。

2018年1月25日

矢作神社修復工事

地元の神社ですが老朽化により修復工事をさせていただくことになりました。

土台交換、床の張り替えから屋根の葺き替えとボリュームありますが、

現代式の技術も投入して一新を図りたいです。

今回も曳家さんの五角産業さんに力を借りまして拝殿そのものを浮かしてもらっての

土台の入れ替えを行います。

その後に 建て起こしを行い屋根の葺き替えを予定しています。

これが改修前ですが入母屋下の庇が下がってしまています。土台も腐ってつぶれたカ所もありました。

2018年1月15日

岐阜市にて大規模耐震改修リフォーム

岐阜市にて耐震改修を兼ねたリフォームを行っています。

二階建ての建物の一階部分を通し柱のみ残しての大改修をします。

又岐阜市の耐震補助事業も併用しますので耐震性も行政が認めたものになります。

正直なところ新築より大変な部分が多いですが、逆に自分の持つ技量を発揮できるいいチャンスと意気込んでいます。

完成までしっかりこなしたいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2017年12月25日

木塀、冠木門工事

既設の土塀と門が老朽化により危険でしたので木塀と冠木門を新設させていただきました。

塀とか門というのは、大工をやっていてもなかなか携われることが少なくて今回お話しいただいて

とてもやる気がわきました。

既設の土塀は基礎がなく水に対して弱かったので今回は基礎を新設し土台下には樹脂パッキンを使用する

などして長い耐久性を期待しています。

ちなみに塀も門も屋根材以外は釘などの金物は使用していません。

before

after

2017年12月22日

外構工事

2月に引き渡しさせていただいたF様邸の外構工事が完了しました。

アプローチの敷石、フェンスやカーポートの提案などもさせてもらいましたが

なかなかいい出来だと思います。

新築しても外構までできるお宅は少ないですが、私としては外構までできるようお勧めしています。

2017年11月24日

インスペクターなる資格

既存住宅状況調査技術者という講習を受けて資格を頂いてきました。

簡単に説明しますと、家の診断ができるホームドクター的な感じですかね。

最近弊社でもリフォーム工事を多く受けているわけですが、リフォームといっても様々ですが

工事を始めるにあたって現在のお宅の状況がどんなところなのか知っておく必要はあると思います。

私が経験から判断することも方法の一つとは思いますが、やはり基準は必要ですので

今後のために勉強してまいりました。

この資格は国家認定なので、補助金等を受けるための診断にも使えますので活かしたいですな。

2017年11月21日

蔵改修工事完了

夏から始めていた蔵の修復工事が完了いたしました。

一昨年に施工させていただいた蔵と同様に美しく施工させていただきました。

腰下には耐久性を考えてガルバニウム鋼板を使用しました。

特殊な工事ですがまた機会があれば携わりたいです。

2017年10月16日

水屋特殊工事

とある神社の水屋に強度を足したいので、鴨居を追加できないかと曳家さんから依頼を受け施工してきました。

鴨居を大入れで収め、雇いホゾを差し込んで、車知引き 鼻栓にてガッチリ組み上げました。

2017年8月4日

保福禅寺耐震改修工事完了しました。

建て起こしからしなおした保福禅寺本堂の改修工事ですが、お盆のお施餓鬼前に完成することができました。

見た目的に何をしたの?って感じですが柱下の基礎工事に始まり、見えてない構造材の床組みや柱、壁内の耐震材や床の間の床や天袋の地板、さらに無垢天井の張り替えや須弥壇分解改修などと盛り沢山工事させていただきました。

工事が進めば進むほど改修しなくてはいけないところが出てきまして困難を極めましたが、無事完了することができました。

この本堂は築250年ほどたっているらしいのですが、今回の改修によってさらに存続されることを期待します。